ゆめ

投稿日:2012/02/24 01:26:09 | 文字数:315文字 | 閲覧数:132 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

以前書いたもの

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

行くときも 来るときも
しろい道を辿った

とろりと滑らかな表面を踏むと
ざりと砂の感覚に 不思議になる


随分進んだろう
あと一歩 あと一歩
ひたすら爪先を見詰め 前へ

ふ、と沈んだ
まわる まわる くるくると
落ちた先は 変わってくろく
底無しの宇宙

何回まわったろう
眠くなったみたい 溶けてしまう
馴染んでいく 一緒になってく

行くときも 来るときも
確かだったろう 確かだったろう
ぼくはなんて曖昧だったろう
境界は見当たらない
意識だけでたゆたう
ここはどこか わからない

溶けてしまった

やがて
ぴぃ、と線が走る
一番掛け離れた色が広がる
眩しくて とても不安定

行くときも来るときも 前へ
眼を開けた

(2014.05.28更新)

イラストごそっと整理しました。

時間がかなり空いてしまい申し訳ありません。
未納の依頼で、まだ私に頼んで下さる方がいましたら、
お手数ですが、もう一度あらためてメッセージを頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。(twitterだと比較的反応早いです)

pixiv → http://www.pixiv.net/member.php?id=1930361
twitter → toko_zka

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP