まっくら樹海のうた

投稿日:2008/04/15 22:00:10 | 文字数:523文字 | 閲覧数:611 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

タイトルは谷山浩子さんの(表の顔の)代表曲の
オマージュなのですが、中身は完全に暗黒面って感じです。
ちょっと露骨過ぎるかな…と言う気はしますが
谷山浩子さんはこの位、怖い歌も歌います。
「COTTON COLOR」とか。
しかし谷山さんの歌の怖さの真髄は
状況描写は物凄くヤバイのに感情描写や曲調は
暢気で穏やかだったり陽気で楽しそうだったりな
ギャップにある気がします。


青木ヶ原樹海を何度か訪れたことがあるのですが
その時の感想をそのまんま、この歌詞に反映してみました。
コケで覆われた緑の地面、ぐにゃぐにゃ折れ曲がった木々
まるで人間界から隔絶されたような
非常に幻想的でちょっと不気味な自然の風景なのですが、
そこに様々な人工物のゴミが散乱していたり、
木にテープが引っかかってたり、スプレーの落書きがあったり
人間の痕跡が沢山あると、それが絶妙な不協和音となって
物凄い怖いです。あんなとこに夜行くなんて
正気の沙汰とは思えない…。
自然と人間のギャップが生かされてますねw
ギャップは様々な方向の感動をもたらすという話です。

しかしまぁ実際、最も気が滅入ったのは、
樹海の至る所に立てられた、自殺を思いとどまる様に
呼びかけてる看板なのですが。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月も眠る夜の樹海を 私は歩くの ダイスキダイスキ
ぐにゃぐにゃの木々 コケの絨毯 頭のように大きなキノコ
ほらほら落ちてる手袋やカラフルビニールテープ達
「ようこそ来たね」と踊りだす

さぁ 一人で みんなで 一人で みんなで 踊ろうよ
この無人の ワイワイにぎやかな 楽しい真っ暗闇の中


誰もいない深い樹海が 私は好きなの ルンルンランラン
誰もいないのに誰かがいるの 誰かがいるのに誰もいないの
ほらほら地べたに捨てられた 手帳にびっしり書かれた文字も
「君が好きさ」と歌いだす

さぁ みんなで 一人で みんなで 一人で 踊ろうよ
この無人の ガヤガヤ騒がしい 楽しい真っ暗闇の中


両手両足投げ出して 私は踊るの タノシイタノシイ
頭や心臓 脳みそ目玉 骨も全てを投げ出して
ほらほら木々の向こうの闇から モヤモヤ湧き出る白い煙も
「こっちへおいで」と誘ってる

さぁ 一人で 一人で 一人で 一人で 踊ろうよ
この無人の シクシク悲しげな 寂しい真っ暗闇の中

さぁ 一人で みんなで 一人で みんなで 踊ろうよ
この無人の ワイワイにぎやかな 楽しい真っ暗闇の中

この無人の ワイワイにぎやかな 楽しい真っ暗闇の中

現在、絶賛休業中。

私の歌詞は全て改変、転載が自由です。
大部分の大幅な改変や
一部分だけのつまみ食い的な利用もOKですよ。

もし曲を作ってくれる方がいましたら
勿論、字数調整などの相談にも
乗りたいと思いますので、よろしくです。


・あんまし脈絡ないけどオススメ歌集
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1544885
谷山浩子のカオスな曲たち

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1687161
谷山浩子の不気味な曲たち

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP