天鼠ディストレス 歌詞

投稿日:2012/09/02 18:43:47 | 文字数:537文字 | 閲覧数:6,841 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

天鼠ディストレス(http://www.nicovideo.jp/watch/sm18773674)の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

天鼠ディストレス

詞/曲 レフティーモンスター

眠らぬ森に蔓延る刺客は
奈落に潜んでは月明かり転がした
腐乱デモンストレーション 行き場探せど
鎖を引き摺り 宛ても無い夜がまた

通り過ぎてく 目も合わせずに
僕を擦り抜けて行く

バラバラになった僕は
ガラガラになった声で君を呼ぶ
僕はここに居る
我武者らになって 僕は今更馬鹿みたいだ
憂い羽が月に融ける

寝腐る羽も震え上がる
背に当てた十字架
月明かりに焦がした

共鳴浸透アーティフィシャル
天声錯覚アイロニカル
雷鳴の示す境界線
暗夜の逃飛行

通り過ぎる君を横目に
声にならない声飛ばしていたんだ
藍色の夜空に白い月が昇って
この身が融け堕ちても...

バラバラになった僕は
ガラガラになった声で君を呼ぶ
僕はここに居る
我武者らになって 僕は今更馬鹿みたいだ
憂い羽が月に融ける

何かと引き換えにこの声が届くなら
僕はこの羽を手放すだろう

ダラダラに泣いて僕は
ガラガラになった声で君を呼ぶ
僕はここに居る
ガラクタみたいな僕が 今更馬鹿みたいだ
憂い涙 月に流す

空っぽだった僕は
ガラガラになった声で 君の名をいつまでも呼ぶよ
我武者らになって 僕は今更馬鹿みたいだ
憂い羽が月に融ける


もっと見る

▲TOP