必衰の糧に寄り添う哀

投稿日:2011/09/09 13:16:30 | 文字数:325文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

部屋に降り注ぐ 星花火
きらめく 理想郷
儚くも崩れ 灰となる その刹那
夢はなんて…

闇の中揺れる閃光と
消え逝く道標
輝く未来は 初めからなかったよ
光なんて…

疲れたから 一休み
その間に 一人きり
愛されたい 一度きり
だけでもいい 二人きり

指を結び 誓い合った
言葉なんて 忘れた
指を切って 偽り合い
どうでもいい
だって ただの戯言

庭に積もる 砂埃
されども理想郷
傍らに潜み
いづれ訪れる終焉
それは運命(さだめ)

疲れようと 負けようと
油断すれば こけにされ
現実から 逃げようと
それでもいい こけまくれ

夢を見れば いつか覚める
君もいつか 分かるさ
だから今は 今だけなら
ともにみよう
その 時が来るまで

亜月です。

~アイコンはすめらぎサマに描いていただきました
http://piapro.jp/t/l9It

私は、主に鏡音レン君が歌うのをイメージして歌詞を考えています。
内容は、さわやかの反対な感じが多いです。
そしてなぜか未完(修正中含む)が多いという…

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP