La Mersonnalite

投稿日:2012/03/16 23:01:33 | 文字数:328文字 | 閲覧数:548 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://nico.ms/sm17201734

『La Mersonnalite』は、フランス語の「La mer (海)」と
「La Double Personnalite (二重人格)」の造語です。

■音 & 詞 : 紅松 弥知 http://nico.ms/mylist/30847434
■絵 : 音治 (おとはる) http://p.tl/i/25669369

※ 3月14日
まことに勝手ながら表題を一部修正させて頂きました。
本来は、最後の「e」にアクサンテギュが付き「é」となります。
ご迷惑をお掛けして、大変申し訳ございません。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

蒼い瓶に入れた 宛名の無い手紙
詞(ことば)に置き換えて 哀しみを忘れた

涙を肥料(えさ)に 珊瑚を咲かせ
この迷夢(めいむ)で思い描かれた物語(おとぎばなし)が 虚構を恋(こ)わす

"わたし"を映す鏡の中には 誰もいない


蒼い硝子(ガラス)の欠片(かけら) 亡くされた珊瑚の瞞(まやか)し
饒舌な手紙の詞(ことば)を 溶かして
圧し瞑(つぶ)されてしまいそうな 波紋(なみ)を拡(あ)げる

歪められた心の傷痕(あと)は 癒えない
だからきっと 欠如(か)けている"もの"は『 』

"わたし"を映す鏡の前には 誰もいない


何もない もう此処には誰もいない

ざらつく声が聴こえる

「"わたし"はどこに...?」

https://thommofonia.jp
幼名は紅松 弥知(くれまつ みさと)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • La Mersonnalite【Off Vocal】

    by 知 ᛇさん

もっと見る

▲TOP