hand in hand(曲募集中)

投稿日:2009/02/02 09:20:02 | 文字数:665文字 | 閲覧数:27 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

曲募集中です(´・∀・`)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(A)
秋風の身にしみるこの頃
でこぼこの影 二つ引き連れて いつものベンチに向かう

そこから見る街並みはどこか
くたびれていて どうにか夕陽を 支えているようだった


(B)
僕らとともに 変わった景色 その全てを愛せる訳ではないけど

僕の隣に 座ってるこの景色だけは


(サビ)
手のひらに優しさを込めたなら ほら手をつなごう
大きさの違う手と手の間に 生まれた隙間なら すぐに優しさで埋まるから

付き合い始めは気恥ずかしくて 「ねえ」名前呼べず
言葉が足りないという欠点を なおす気なんかない なんて冗談なんだけれど


(A)
胸のあたりに出来たすり傷
休日に見れる君の笑顔が かさぶたになってるんだ


(B)
また会える日を 頼りに今日も 駅に君を残して電車に乗り込む

君からもらった たくさんの幸せとともに


(サビ)
灰色の空を見上げながら 僕はふと思う
幸せをもらってばかりじゃないか? 与えてるだろうか? 今日撮った写真を取り出す

それに写るのは二つの笑顔 君の笑顔は
幸せを写し出して僕がもつ 不安や戸惑いを 灰色の空に放り投げた


(C)
夕陽がお月様と バトンタッチしている
僕の街ではもう 星は笑わないけど


(サビ)
手のひらに優しさを込めたなら ほら手をつなごう
大きさの違う手と手の間に 生まれた隙間なら すぐに優しさで埋まるから

秋風の身にしみるこの頃 冷えた手のひらを
ポケットにしまってあたためよう また君に会う時 君の手のひらをあたためよう

幸せの身にしみるこの頃

プロフィール画像はフチさんが描いて下さいました。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP