Black Rose

投稿日:2016/01/14 17:22:31 | 文字数:432文字 | 閲覧数:597 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

http://piapro.jp/t/F1-7
makoto様の曲に作詞させていただきました。

文字数合わせていただけるとのことなので、ラスサビの一行目に少しズレがあります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この世界がもし 私が見る夢なら もう覚めてもいい
ありきたりな言葉で 慰められると思っているなら
そこれこそが侮辱なのよ

指先スライドしてゆく写真達は
まるで別人 別の世界で
ただ今を惨めに引き立てるだけ

赤い薔薇は消えた ただ香りだけを残して
侵食される感情 もう間に合わないの
まだ貴方が今も 隣にいてくれたら
絡ませた棘で突き刺したくて タマラナイ

この記憶がもし 誰かの作り物で 全てが茶番で
ありきたりな空想 慰められる玩具の論理で
それこそが要などと

どうでもいいなら 苦しむはずがないの
まるで別人 別の世界の
あの日の光が作り出してく影

黒い薔薇が一輪咲いた 泣いた涙を吸収して
薄れ消えゆく残像 もう疑いもなく
まだ貴方が今も 隣にいてくれたら
絡ませた棘に滴る赤を アビテタイ

赤い薔薇は消えた ただ香りだけを残して
侵食される感情 もう間に合わないの
まだ貴方が今も 隣にいてくれたら
絡ませた棘で突き刺して あの赤に ソマリタイ

たなかたなこです。閲覧・ブクマ・感想等ありがとうございます!
アイコンのイラストは私が敬愛する乃木ももさんに描いていただきました!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 【初音ミク】Black Rose【オリジナル】

    by makoto(ロカルツP)さん

もっと見る

▲TOP