【巡音ルカ】瑞鶴【オリジナル】 歌詞

投稿日:2014/06/08 11:19:18 | 文字数:528文字 | 閲覧数:171 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

瑞鶴の歌詞です。

大事な友が、苦しんだり落ち込んだりしているのを励ましたい。
そんなことを思ったらこの歌詞ができました

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

曲名: 「瑞鶴」
Vocal:巡音ルカ
作詞、作曲:めりっさ
コーラスアレンジ支援:キヨンハ

-------------------------------

幾千の日々は降りしきる雨の如く
幼き瞳に映したあの陽が
彩に色づいた青い春は泡沫に
何処へ消えたか想いを重ねて

ああ 友よ 今なら届くのかあの雲まで
白い羽開く 天の向こうへと

舞い上がれ 向かい風を その翼で切り裂いて
秘めていた想い 放つ時を今ここに
行く先晴れ 時の風の中で瞳輝かせ
鶴が舞う 夢を肩に乗せて

青く澄み渡る水面は揺らいだままで
常世の憂いに 心影落ちて
優しく奏でる友との忘れじの歌
口ずさむ度に 心を戻した

ああ 海の荒ぶ嵐の中 母なる船
瑞々しく舞う 瑞祥の兆し

舞い上がれ 星の砂を 掴むほどに高く高く
押し寄せた闇を払う時が今ここに
暁晴れ 長き夜はやがて明けて新たな陽に
眼差しがいずれ輝き出す

這い上がれ 黄昏にも その翼が今を変える
揺れていた心 友の声で奮い立つ

舞い上がれ 向かい風を その翼で切り裂いて
秘めていた想い 放つ時を今ここに
行く先晴れ 時の風の中で瞳輝かせ
空を舞う 夢を肩に乗せて
天翔る  鶴と友の歌を

めりっさPです。

作曲自体は稚拙ですが、
DTMと弦楽器で曲つくってます。
基本的にロック中心です。

コラボなども興味あります!

仕事で夜遅く帰ることもあるため、
メッセージなどの返信が遅れる場合がございますm(__)m
ご了承ください。
よろしく~!

ツイッター:
http://twitter.com/Melissa_1207
ニコニコマイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/25833700

mail:
dropkickmurphys_1207@hotmai.com

SkypeID:
melissa1207285

アイコンは、ペコさんより描いていただきました!

もっと見る
▲TOP