クエスチョン(仮)【応募】

投稿日:2019/11/23 23:08:09 | 文字数:626文字 | 閲覧数:116 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

秋葉自由様の無題32の歌詞に応募致します。

タイトルは仮決定ですので、変わる可能性があります。
ご要望や改善点がありましたら、どしどし修正しようと思っております。
どうかよろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

さよならとフード被り直したら
足元だけ映る世界
わだかまる物を掴んでみたら
黒い膿がね溢れたんだ

答えはありますか?
この詞を読めますか?
知らない わからない
私に聞かないで
存在を否定し
流れに任せてる
揺れては強く握り
意識のまれて

頭を垂れて

次の駅は何処ですか?
目が滲みて上手く話せない
私は今ここにいる
誰も聞かない知らないふり

孤独と嘆き
苦痛と響き
でも涙は流れない
助けを呼び
救いを乞う
出来るはずが無かったの

知らないとレールを踏み外したら
見知らぬ人こもる世界
つっかえる物を引っ張ってたら
赤い嘘がね溢れていたの

間違いなのですか?
存在してますか?
『かも』とか 『多分』とか
曖昧にしたくて
考えることせず
行き先は知らない
揺れては倒れかけ
周りにのまれ

自我を保てず

前の駅は何処ですか?
過去がしがみつき話せない
私はまた立ち止まる
歩き出すこと怖いままだ

データを消す
巻き戻す
リセットは不可能なの
息が詰まり
後退り
目をそらし俯いてた

勘違いでした
そんな言い訳は通じない
我儘な事実
認めないと拒み続けた
疲れてしまった
席は空かず足元揺れる
変わりゆく景色
息を潜めて眺めるだけ

過ぎた駅は何処ですか?
尋ねる前に動きだした
私はただ願ってる
叶わないこと分かるけれど

なにも出来ず
何もせず
無力だと嘆きたくない
夜が更けて
止まる揺れ
また歌を口ずさんだ

はじめまして、時雨こよみと申します。作詞を専門としておりますが多忙の為、なかなか着手出来ておりません。ご了承下さい。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP