ルスバンドライブ_歌詞

投稿日:2012/10/09 19:29:32 | 文字数:585文字 | 閲覧数:3,241 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ルスバンドライブ_歌詞
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19073393

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空想拠点張り巡る電線上に
クラック解答余地無し
余剰思想乗せてる回線
電信積算街

積み上げた寵児の遺物は
煌煌と輝くも虚しく
崩れ落ちるものかと
星が問う

剥蝕した半壊端末
(手二取レ我ラガ声ヲ)
吸い寄せられる、くらめく
(サアサア、覚悟ヲ決メロ)
不在通知の灯し
(戸惑ウ事ナド在ルカ)
留守録が今書き替わる

唸れ!事象と時を超え
天地開闢の時が来た
世代交代の波に乗れ
封じられた魑魅跋扈

響け!事実と虚無を超え
急転、弱化の意思辿れ
世紀末の目に替わり
この謎を解け


「見エルカイ、世界ハ死後ノ祭リサ」
振り上げる電線に乗った欠片の一個、破裂音
無何有郷がお望みなら伝えておけ、それは無価値だと。
取るに足らない理想論者だと。

生も死も廃れてる地上
(概念体ガ宙ヲ舞ウノサ)
滑稽な理想郷建国
(幽体ノ虜ニナルノサ)
空転理論虚栄慢心
(無二帰スナラ今ノ内ダゼ)
留守録に吹き込む世界

綴れ!太古の意思と知れ
故に全壊する都市と知れ
燻る紫煙に飲み込まれ
時に混ざり合う雑踏

穿て!胎動を突き破れ
真実説く王と成れ
その「地の訓戒」を破棄せよ
今、列を成せ


続け!反逆する意志を持て
真実こそ王と知れ
(乗っ取った心臓から劈いた、相対する意思こそは×××)

一人逸れたアンテナは
周回軌道を乗り越えて
瞼開き呟いた
「サア、共二行コウ。」

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP