アンダワ_歌詞

投稿日:2012/07/10 19:57:31 | 文字数:538文字 | 閲覧数:4,446 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

アンダワ_歌詞
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18306495

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

見境無い黒の淵
賭けた手首を彩る
排他暴言の地

退っ引きならぬ虚空の絵
暈ける視界は二進も三進も
たちまち咽せるの声

茹だる閉塞感 冷めた目をして並走俯瞰
閉じた世界で独占諸悪 未だ見る術無い光

パッと果てまで

嗚呼!そこそこ其処まで底着いた
浮かぶこと出来ずに絡まった
僕ら底無しの庭の民だ
絶対王政で喘いでる
このまま底抜けの楽園が
いつまでも続くのなら僕は
手を繋いで反旗翻す
「アンダワ」地底までおいでませ


繋がりだすイドの星
爆ぜて路傍に転げる
吐いた焦燥の血

解けぬ意識は怠惰
燻る疑心に乗ってるマントラ
たちまち荒げる生

軋む骨の音が 生きてる事を示してる
閉じた命で賭け金五倍 取り戻すための英断

もっと果てまで

さあ!もともと元から底だった
サカサマの世界で僕達は
いつも外の歴史をなぞってる
独裁者の光追い掛けて
このままさ命が幾許か
過ぎていくだけなのを待つなら
この楽園すら嘲笑って
時が満ちるのを狙っていよう


嗚呼!そこそこ底から其処着いた
眩しいばかりのその世界は
底無しの僕らを見下ろして
祝福の諸手打ち鳴らした
虚栄背徳疑心の地下を
すべからく抜け出した僕らは
手を繋いで笑ってサヨナラ
ワンダー!地底からおいでませ

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP