偽色街 歌詞

投稿日:2020/11/28 17:17:35 | 文字数:359文字 | 閲覧数:534 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

それでもまだ歩みを止めないでいるのは
その心が弱く脆いせいだろう
揺れる塔が街を色めき立たせても
あなたはただ美しいなんて言って笑った
その日までは確かにそこに満たせる物があったんだろう
卑しく煩い虚しく眩い愛が

華やいだ憎たらしい程に全て奪い去った
その声がいけ好かない宵にひとつ花を添えた
知らないで いたかった

目を開けても何も見えないままでいるのは
すぐ隣にあなたがいないから
濡れる窓を眺め一人微睡む午後
流し込んだ珈琲はどうしてか甘かった
感じられるその僅かを思い出すのが難しい
果敢なくそでない今では恋しい愛が

輝いたその瞬間知らない場所へ迷い込んだ
その顔を見てすらないのに胸に痛みを覚えた
羽ばたいたこの街の向こうが見たくて羽ばたいた
いつの日か抱えた感情に今意味が生まれた
この街は 僕だった

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP