月に叢雲、花に風

投稿日:2018/02/26 09:16:39 | 文字数:424文字 | 閲覧数:291 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

タイトルが持つ意味を、自身が(いい意味で)壊していく想いを綴ってみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

嗚呼……面隠し 群がる雲に怯える 哀しき月よ
嗚呼……綻びた 其の想いは何処へと 消ゆる

水面が捕らえし 仄かな景色
静けさに満ちた闇は 深く
煌びやかな光も 遮られる

届かぬ聲を叫ぶ 憐れな様を
揺蕩う想い抱く 憐れな様を
広がる波紋(なみ)が描く 未知なるように
朧ぐ輝きを纏いし 哀しき月よ 翳み往く此の夜を 彩れ

嗚呼……罪深き 美しくも短命の 悲しき花よ
嗚呼……綻びた 其の蕾は何処へと 沈む

季節が捕らえし 刹那る景色
只管に駆ける風は 荒ぶ
淑やかな香りも 散り乱れる

届かぬ聲を叫ぶ 憐れな様を
揺蕩う想い抱く 憐れな様を
訪(おとず)る四季が描く 未知なるように
儚く恍惚に揺られし 悲しき花よ 廃れ往く此の世を 彩れ


巡り廻る定めを
届かぬ聲を叫ぶ 憐れな様を
揺蕩う想い抱く 憐れな様を
新たな時代(とき)が描く 未知なるように
天地の生命(いのち)を紡ぎし 二つの君よ 歩き出す此の余を 彩れ

眩しく 彩れ

言葉による想いを綴って、言葉で繋がりたい。

コラボとかやりたいので、作品に興味を持てたら
絡んでやってください(>ω<)

この度、一からやり直そうと思い、再度活動を始めました。
よろしくお願いします(ฅ'ω'ฅ)

もっと見る
▲TOP