どうして 【応募用】

投稿日:2011/05/31 20:00:00 | 文字数:1,054文字 | 閲覧数:153 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

応募用です。
どうして を背景部分?にいれてみました。
少し変な部分もあるかもしれませんが、こんな感じに仕上がりました。


―5/31―
修正しました。といっても最後のサビ部分の異変が問題だって気づいたから、そこを直しただけなのですが...
多分、これで字数一致すると思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

○Aメロ
5 5 6 | 5 5 5    曖昧と突っ込んだ対角線 捻れだすその意味は何なのか
5 5 6 | 5 5 5    そうやっていつだって溢れるのは 繰り返し叫び出る他人事
                                   
○Bメロ
3 5 8 7 4      語る偽善者の言葉の整列 何も変わらぬその夢

○サビ
2 4 3 4 | 3 3 5   Ah 溢れる それはいつでも 語るキミの絵空事
3 4 3 4 | 3 5 8   何も変わらぬ 夢はいつでも 空を 描いてる 僕の絵空事
                

■2番
○Aメロ
5 5 6 | 5 5 5    変わらないその意味が失われて 問うことも出来ないで叫んでた
5 5 6 | 5 5 5    どうしてと、どうしてと、叫ぶにつれ 一つずつ増えていくその斜線

○Bメロ
3 5 8 7 4      いつも変わってる空の色が今 淡く染まりて 溶けてく

○サビ
2 4 3 4 | 3 3 5   この 溢れる思い描いた 筆を撫でた七色の
3 4 3 4 | 3 5 8   空をなぞった 軽いパレット 叫ぶ思いだけ消える絵空事

○サビ
2 4 3 4 | 3 3 5   Ah 溢れる それはいつでも 語るキミの絵空事
3 4 3 4 | 3 5 8   最後描いた 軽いパレット 僕を描きだし 増える斜線数




~ふりがな~
あいまいと つっこんだ たいかくせん  ねじれだす そのいみは なんなのか
そうやって いつだって あふれるのは  くりかえし さけびでる たにんごと

かたる ぎぜんしゃの ことばのせいれつ なにもかわらぬ そのゆめ

ああ あふれる それは いつでも かたる きみの えそらごと
なにも かわらぬ ゆめは いつでも そらを えがいてる ぼくのえそらごと


かわらない そのいみが うしなわれて とうことも できないで さけんでた
どうしてと、どうしてと、さけぶにつれ ひとつずつ ふえていく そのしゃせん

いつも かわってる そらのいろがいま あわくそまりて とけてく

この あふれる おもい えがいた ふでを なでた なないろの
そらを なぞった かるい ぱれっと さけぶ おもいだけ きえる えそらごと

ああ あふれる それは いつでも かたる きみの えそらごと
さいご えがいた かるい ぱれっと ぼくを えがきだす ふえるしゃせんすう

どうもこんにちは☆音組竜です。

サムネは霧島優衣さんに描いていただきました。
本当最高です。

曲募集タグがついている作品に関しては、いつでも歓迎です。
始めたら最後まで、努力する人が大好きです。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP