いたましくてたくましくて 歌詞

投稿日:2013/02/20 19:53:27 | 文字数:699文字 | 閲覧数:391 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

http://www.nicovideo.jp/watch/sm20128859 の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

帰り道ゆっくり遊んで消えた ためらう目まで奪う嬉しさで
薄く淀んだいつかの手なんかじゃ言いたいこともない ない
媚甘えて賢く確かめたの なんて贅沢なんだろう 可笑しくって
回避力が高すぎてかな なでようとした手さえ避けた ごめんね
暑さの苦しみから息が続かなくってまたいつかかっちょ悪くてさ
変じゃないよね 周りの目も気にしつつ言うんじゃないよ(否定)

愛からまたやがて私は拾われて息が速くなって八月土曜日
明日の汗の匂いにおびえてても 息することは忘れないで
掴めたのは真綿で押しつぶされそうな感覚と暑い夕日だけで
ずれていく意地汚さで文字を描いた 300円のメモごと捨てた

さよならからおはようから引っ張って どっち向こうか分からなくって
ふざけて殺した手の中のやつは 何にしようかな かな
くっついてはなれなくなりつつあって 自然になったと思い込んじゃって
昨日の灯は今日にはくすみきって 集る虫もいないなんてね
見繕い仕舞う前泣かないで明かりを貰って掃き落とせばいいの
積もる話も 適当に泣いて妬いてやればいいの

愛絡まった風船の糸くずもよく切れるはさみでさえ太刀打ちできず
折れないほうきで蛾を叩いて 死体を踏み潰してやりたかった
頭の中で鳴った手紙の重さで「邪魔すんな」がつっかえtやめてよ
追い越さないで免罪符も切れそうになる 肺も心もだめになった

愛からまた私はやがて拾われて息が速くなって八月おわり
脅迫みたいに「死にたい」と言って 飲み込まれる死んだ虫たちを悼み
無いからまた拾い咽て褪せたメモたちと一緒くたに灰になり
真新しい紙の白さに驚いてて もっと汚く文字を書いた

音源の二次配布・転載は禁止しております。
ニコニコ動画・Youtubeでの音源使用は報告不要です。
ニコニコ動画に投稿される際は必ずコンテンツツリーの登録をお願いします。節度を持ってご利用下さい。
上記サイト以外での音源の利用や、ライブやCD収録など金銭が発生する場合の音源の無断利用は禁止しております。

お問い合わせ等ご連絡ありましたらこちら [ gignulut@gmail.com ] までご連絡をお願い致します。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP