記憶に慕う

投稿日:2020/10/20 23:45:41 | 文字数:540文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

近づきたい、でも、壊したくない。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Intro】
このまま夜風に乗って消えてしまえたら
君の中の綺麗な記憶のまま消えてしまえたら

【A】
掴んだと思った手の中には
爪の跡 傷んだだけだった
自惚れと感じたその時には
底知れぬ恐怖があったのだ

【B】
肌にあたる冷たい風が
僕の悪さを暴いた気がした
頬を撫でる冷たい髪が
僕の弱さを撫でた気がした

【サビ】
ねぇ 教えてよ
なんて言ったらまた君に 嫌われちゃうかな
ねぇ 教えてよ
それでも嗚呼また僕は 君に聞きたいんだ
覚えてる?あの日の事


【A】
伝えたと思った言の葉には
乾いた言葉しか乗らなかった
伝えようとしたこの歌には
2人のことしか書かなかった

【B】
肌に積もる真白な雪が
僕の汚れ(けがれ)を隠してくれて
頬を伝う優しい雨が
僕の浅さを埋めてくれた

【サビ】
ねぇ 聞かせてよ
なんて言って何度君を困らせたかな
ねぇ聞かせてよ
それでも嗚呼僕はまた 君に聞いてしまう
楽しかった?あの日の僕ら

【Intro】
このまま夜風に乗って消えてしまえたら
君の中の綺麗な記憶のまま消えてしまえたら

【サビ】
ねぇ 見ないでよ
こんな空っぽで寂しい憐れな僕を
ねぇ 笑ってよ
そしたら嗚呼今度こそ 今度こそ言えるよ
さようなら お元気で

好きな曲を楽しく歌わせていただいております。
http://www.nicovideo.jp/mylist/30307865

icon⇒苺ろみるく様

つらつらと気ままに書いた歌詞を置いておきます。
曲をつけてみたい!という方はぜひお声がけ下さい。
是非歌わせていただけたらとも思います。
仮歌依頼も受け付けております。
※上記全てTwitterDMまたはメールにて【事前に】ご相談ください
Twitter⇒@outouotuo

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP