【初音ミク(あ子)】髪を切る【オリジナル曲】

投稿日:2019/10/20 17:56:43 | 文字数:756文字 | 閲覧数:40 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

あたしの二十歳はとうに過ぎ去ってしまったから

19曲目です。あ子です。
1年前のちょうど同じ日、同じ時間に出した曲もよろしくおねがいします。
 → 口を衝く sm34046944

音楽・動画/あ子 (@ako_okko https://twitter.com/ako_okko
絵/葵山わさび( @ahowasa86 https://twitter.com/ahowasa86



笹さちこ( @sasamichiko https://twitter.com/sasamichiko )にエンコードしてもらいました!ありがとう~~!!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あたしの時間はあの日で止まった 「あなた」を誰にも変えられないでいる
今もまだ言葉を溢したこと 悔やむ時間ばかり
恋が終わったと言えぬまま 10月が再び訪れる
忘れられない季節がまた あたしを、抉ってく

信じる者は救われる そうならば良かったな
好きなところを探したのは 愛の隙間を埋めるため
どうして いつだって後の祭り

伸びきった髪を切って、切って、切ったなら
あたしを 明日を 大事に出来るだろうか
ぎゅうぎゅう詰めの言い訳なんて もう意味もないから
最中を あなたを 忘れてしまいたいのに


時間が止まったなんてただの比喩だ
鏡を覗く度 この髪が嘲笑っている
いっそものさし2本分くらい思い切ってしまえば
へらっと笑ってすれ違うあなたは居なくなるだろうか

なんて思い上がっては一人で泣くだけだ
当て付けのような言葉ももう アルバム2枚分を超えた
惨めと詰ってほしい それすら叶わない

求める者は与えられる そうならば良かったな
きっとあなたにはそうだった それだけが悲しいや
どうして いつだって後の祭り

今更だと割り切って、切って、切ったなら
あなたを あの日を 閑話に出来るだろうか
憂愁詰めの引き金なんて もう意義もないのは
あたしの 二十歳は とうに過ぎ去ってしまったから


過去と呼ぶまでのラグを終えられずに
残像を揺らすばかりだ 感情も揺れるばかりだ
恋は終わらないけど 忘れられない季節にもう
抗ってみたい、と ここまでが経緯(いきさつ)だ

伸びきった髪を切って、

伸びきった髪を切って、切って、切ったから
あたしを 明日を 大事にしてあげたい
ぎゅうぎゅう詰めの言い訳なんて もう意味もないから
最中と あなたと 道を違えよう

ずるいだなんてもう言わないよ
さよなら。

あ子といいます。(twitter:@ako_okko)

ボーカロイド音楽をつくっています。
音楽・歌詞をご利用の際にはちょろっと連絡ください。
よろこびます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP