Under the Rain-bow

投稿日:2011/04/25 23:32:01 | 文字数:515文字 | 閲覧数:83 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

双未ヒロキ氏の4/11付け投稿作品 「 【歌詞募集】ブラスバンドな楽曲【タイトル未定】」[http://piapro.jp/t/Ct2y]よりインスパイアされて書いた歌詞です。

後に追記します。

※前のバージョンに読み仮名を置いておきます。
※念のため自分の歌詞進行をより具体的にお伝えできるように、僭越ながら自身で声当てしたmp3を用意しました。
下記URLよりDLしていただき、時間のあります時にご確認ください。
http://cid-53ba44b86b32b883.office.live.com/self.aspx/.Public/Under%20the%20Rainbow.mp3

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

踏み出した足元から円を描いて広がっていく波紋達
取り繕いの傘は何だかね 頼りなさそうに鳴いているだけ

横切る車は遠慮知らずで 波打ち際の足をさらっていく
ミクロの流星が落ちて来ては街の喧騒を洗い流す

煙に巻かれたような景色を退屈そうにいつまでもみたくはない
ひび割れみたいな雲の隙間を思いっきり指で引き裂きたい

あの空がいつか晴れたら虹を探しにいってみよう
光りの枝葉が掛かる向こう 見渡す果てに行ってみよう

モールス信号打つ電灯過ぎ 恥ずかしがり屋の月を背に
満員電車は重たそうに 風切りながら右往左往して

ぽつりとしてる空き缶を踏み むしゃくしゃしてたから八つ当たり
気分を真似てるみたいにどんより夜空はどんどん濁っていく

このまま家に帰っても暗がりが染み込んだ部屋に寝転ぶだけで
そんな毎日を壊したくて頭の中で葛藤が渦巻いていく

いつか見た空に伸びてた虹をまたみてみたいんだ
光りの枝葉が射した場所 夜明けと共に見つけたい

明日から何か変わると誰が勝手に決めたんだろう
自分から動き出さなきゃ何も変わらず進むだろう
止まない雨はないんだと思うから笑えるんだろう
光りの枝葉が射す場所で 虹を見つけて笑い合おう

おはこんにばんは。
こんな味気ない自分のプロフィールを覗いていただき、ありがとうございます。
パソコン使い始めて何年目、勢いでリン・レンを買ったはいいが操作諸々が分からなくて涙目のPhi-LIONと申します。
名前の意味合い的には『哲学的なライオン』という多少(?)不釣り合いな名義を使用してます(検索してみると外国の別人がヒットする不思議)。

先記にも話した通り、リン・レンを買ったんですがやり方がワケワカメ。
そもそもDTMの知識も重箱の隅突く程度しかないという…。
そんな自分でも優しく包んでくれるピアプロが大好きです(キモッ)。
…なんてボケはこの辺にして、そういった自分でも何とかVOCALOID音楽に関われないかと模索して、今現在は歌詞制作を中心にこちらで活動しております。
後々は自分で作詞作曲して作品を手掛けていきたいなとは企てているんですが・・・

一応、歌詞としては曲のイメージを中心に構えつつも、恋愛から自由や未来を語る詩や日常ほのぼの路線とか色々書けると思います。
時には風刺的に過激にダークに攻めさせてもらう時もありますがね…ヘッヘッヘッ(何キャラだ!?)

とりあえず、音楽カテゴリで歌詞を募集している方々はほぼ100%ブクマして歌詞提供を企てたりしたいんで、そこんとこよろしくお願いします。
ちなみにVOCALOID関連以外でも趣味で詩を量産しているので、興味のある方はこちらまでご覧ください(最近少し放置気味で申し訳わけないんですが…)。

[P.H.S.EACH-Electro ACt Home-](Phi-LION SIDEへどうぞ)
http://id23.fm-p.jp/14/philion/index.php?
[PENCIL-HB](blogです。あんまピアプロ関係ないですが)
http://hayato96.blog44.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP