ミクのおつかい 2

投稿日:2010/03/01 18:35:26 | 文字数:291文字 | 閲覧数:89 | カテゴリ:小説

ライセンス:

めーちゃんが何か企んでいるみたいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

はぁ・・・なんでこんなことに・・・。

「ぁ、ミクー。」

この声・・・兄さん!!

「このサーバーでいくんですか。」
「そっちのがはやいし。」

あわわ・・・どうしよう。顔、赤くない?大丈夫かな?

「あれー?KAITO、ミク。どっか行くの?」

ぁ、MEIKO姉さん。

「マスターの相方さんの家。衣装をとりにいくんだ。」
「へぇー。」
「めーちゃんも来る?w」
「あたし、パス。ハクと呑む約束してるから。」
「そっか。残念」

MEIKO姉さんとは同期だもんなぁ。。兄さん。

「じゃぁ、ミク、いこっか。」
「ぁ、うん!!」


「ミク・・・あいつに惚れてるわね?・・フフ。」

只今、スランプ中・・・

・Vampireシリーズを亀並の遅さで更新中。

ぁと、リクエストとかあったらコメントなりメッセージで言ってください。

・絵は諸事情により更新できません。

・詞なんかもたまにUPしてるかもしれません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP