cloudy

投稿日:2019/07/06 09:05:17 | 文字数:202文字 | 閲覧数:104 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

豆千代様へ歌詞を応募しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「要らないわ」投げた
鉄っぽいフォーク
沁み渡る 笑い声
聞いて
あの日分かってた
だけど泣いたんだ
いつから此処に居たの?
魔法の呪文 唱えて

あの空の色に飲み込まれた
私だけ聞こえてないの?
空の声

間違えた 君は
何だっけ? つまり
悪いのは私なのね
聞いて
あの日泣いていた
だけど分かってた
いつまで此処に居るの?
最後の言葉 呪文を

あの空に答えを求めた
私だけ聞こえてないの?
君の声

元は猫郎という名前で投稿していました。よろしくお願いします。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP