わたしがみらい【締め切りました】

投稿日:2017/09/30 04:45:48 | 文字数:553文字 | 閲覧数:346 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

【締め切りました】
2作目。
ハチさんの砂の惑星をイメージした世界観で書きました。
砂の惑星と称された時代に作詞を始めた僕の決意のようなものです。
「私が未来」なんて自分で言っていて恥ずかしいですが。。。
こんな0歳時の歌を書いてみた人(作詞家なんて言えません)でも担える未来への一歩。他のクリエイターの方々の未来への一歩。まだまだいるんだぞ。これから生まれてくる人もいるんだぞ。って思いで書いてみました。
2作目でまだ一曲も人の目に触れてないのに何言ってんだしかもこんなんで歌作れねーよって思われるかもしれませんが。。。笑
気持ちだけは一端てことでココはどうぞ。形から入るタイプなんで!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

わたしが起きた世界は
どこもかしこも砂だらけ
あっちもこっちも立入禁止
こんな世界じゃドコニモイケナイ

誰かが歩いたこの道は
アスファルトも剥がれ落ち
今ではもう道とは呼べない
こんな世界はゼツボウしかない?

だけどそんなこと関係ある?
わたしが行く先はわたしが決める
道があろうとなかろうと
わたしが歩けばそこが道よ!

だからどこへでも行ってやるわ!
今はまだ見えないオアシスまでも
道を作って進めばいい
わたしが歩けばそれが未来よ!



わたしが歩く世界は
どこを向いても砂嵐
西も東もわからない
こんな世界じゃすぐにマイゴよ

誰も来てないこの道は
わたしが最初の到達者
此処から先は前人未到
こんな世界じゃオサキマックラ?

まさか本気でそう思ってるの?
まだ見ぬ世界は夢に満ちてる
光があろうとなかろうと
わたしが歩けばそれが光よ!

だからどこへでも行ってやるわ!
今はまだ見えないオアシスまでも
道を作って進めばいい
わたしが歩けばそれが未来よ!

だけどホントは不安に満ちて
どこへいこうとたどり着けなくて
道も光も見えなくて
砂の惑星にオアシスはない

だけど
だけど行ってみなくちゃわからない
わたしは今に生きているのよ!
過去は見ないで進めばいい
わたしが歩けばそれが未来よ!

はじめまして。こんにちは。
たいると申します。
tailと書いてたいるです。テイルではありません。
どんな些細なことでもご連絡いただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • わたしがみらい

    by 傘村トータさん

▲TOP