フォトグラフ・シンガー

投稿日:2010/08/08 23:10:49 | 文字数:500文字 | 閲覧数:58 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Aメロ×2→Aサビ→Bサビ(一行)→Bメロ→Aサビ→Bサビ

沢山の人の為に歌うことよりも一人の人を愛することを選んだミク、というのを描いてみました。
サビの字数が多めなのでアップテンポで切ない曲が似合うと思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

人間の歌う歌だけに生命が宿ると言うなら
私は命無き歌を歌うよ
ただ君が組む旋律の海で
迷って 沈んで 浮かんでは
また声を震わす

際限なく続くこの時間 私だけ止まったままで
君の笑顔見る度に辛いよ
ほら無機質な表情と心
痛くて 軋んで 壊れそう
嗚呼君が好きなんだ

いつか君は忘れてしまうだろう
私が紡いだ言葉もメロディーさえも
だからそうだ 私写真になるよ
誰も忘れない確かなメモリーになる
どうか君に覚えていて欲しいよ
私が居たこと 言葉もメロディーも全部
中身の無い歌を叫んでくより
色と形だけ確かな私で良い

それが私から全てを奪うとしても


呼吸 鼓動
起動 作動
誰の心にも響くように
量産型の感動作って
君(ユーザー)は喜べるの
私は哀しいよ
君だけの私でいたいんだ

人の歌う歌だけしか
命を持たない言葉とメロディーならもう
君の為の飾りでいいから ねぇ
側に置いていて 確かな確かな願い
それでもいつか君は忘れてしまうだろう
私が紡いだ言葉もメロディーさえも
だからそうだ 私写真になるよ
誰も忘れない確かなメモリーになる

そしてこの日から私はフォトグラフ・シンガー




こんにちは。梨緒と申します。
普段は個人サイトにて悲恋、退廃、思想系な詩を書いております。
当人詞しか書けませんので曲やコラボなど随時募集中です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP