ideal

投稿日:2019/05/31 09:45:18 | 文字数:341文字 | 閲覧数:16 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

だけど僕は何も辞めないままで
当たり前のことすらとうの昔に放り投げた
いつしかそれを悔やむ齢になって
取り残されるのも結構だと思ってた

持ち寄ったキャンバスに描いた絵も今は
耳鳴りの隙間で見え隠れすんだ

変わることのない 部屋の日付を
あのときに丁度閉じ込めた
朝を待ちたい これでいいかな?
いいだろうか? ideal

一片の栞を知らないままで
贈り物の本すら ある話を読み飛ばした
いつしかそれに気付く機会があって
取り残された声に姿を重ねた

君は 何かを言おうとして
君は 何かを言おうとしていた
君は 何かを言おうとして
僕は 季節を追い越した

代わり映えのない 空の日付を
あの日からずっと閉じ込めた
理想を捨てたい これでいいかな?
いいだろうか? ideal

人間です 普段はTwitterにいます
@S0t4o1n6e

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP