アウトサイダー

投稿日:2020/08/04 22:35:49 | 文字数:464文字 | 閲覧数:322 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1
a
行く手を阻むのは赤い信号 いつもそこにある
何食わない顔で歩き続ける周りを眺めてた
b
するり 揺れる木枯らしが 君の手も引いて飛んでいくよ
ここに居場所はないのに 愚図る僕を笑うよに
s
ハリボテだらけのアウトサイダー
境界の外側で
ないものねだりだけ上手くなる
錆びれた冬の中で
足音を待っている

2
a
カレンダーをめくり 待てど暮せど 何も解けない
黒ずんだ本音を ぶつける宛を 見つけられないまま
b
君が幸せになればそれだけでいいはずだったのさ
汚い文字で綴った 手紙も渡せなかった
s
ハリボテだらけのアウトサイダー
境界の外側で
あまのじゃく抱えて生きている
寂れた町の中で
足跡を睨んでる

c
その話し方や笑う声さえも 時が経てば薄れてしまう
もろいから美しい そうまとめてみる

s
ハリボテだらけのアウトサイダー
境界の外側で
生きづらいふりをしていたこと
今更気づいたんだ
行くしかないんだ

ハリボテだらけのアウトサイダー
境界線の上で
何食わぬ顔を演じながら
赤信号を渡る
ただ白線を踏む

はじめまして、蒼月まりかと申します。
主に作詞で活動しています。黒星★がついている作品は提供させていただいたもの、もしくは曲を提供していただいたものです。
気軽に声をかけてくださいね!

Twitterやっています→@sooduki_marika

よろしくお願いします。

もっと見る

もっと見る

▲TOP