秘め事パーフェクション

投稿日:2021/01/06 13:05:13 | 文字数:474文字 | 閲覧数:75 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

触れる手つきが語りかけてる
ねぇ、強がってるの?

密かに微笑む君の顔は僕を見透かしてる

戦うことに疲れ日々億劫で目眩がするな
冷たい風が心の傷口を舐める

知らず知らずの内に悪いことばかりに囚われ
微かな光を見逃すくらい自堕落だった

好き勝手だって解ってるつもり
満たされぬ感情は

ツギハギだらけ間違いだらけ
そんな僕の心ノートブックメモリー



繰り返すこの独りぼっちの過ちに気づき
蓋をしていた箱の中にあるノートを手に取った

すっからかんな思考で落書きを繰り返すばかり
線を引いて道を作るのは自分だよ

繋ぎ合わせた両手で祈ることで変わるのなら
二人で誓ったまた会う約束を叶えたい

そんな淡い思い出で綴る言葉の道のり遠く
しかめっ面を置き去りにして
僕が夢見たひとときに想いを馳せ



たったこれだけの隠し事
それは世界の謎

無くした記憶の在り処
探し当ててみせてよ

君の望んだこの世の筋書き通りならば
潰えることなんてありはしないと知ってるでしょ?

道なき道に導かれ
やがてたどり着いた

聞いた話とはかけ離れたある物語

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 秘め事パーフェクション

    by 飴霰Pさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP