片思いアンブレラ

投稿日:2011/01/24 01:14:30 | 文字数:358文字 | 閲覧数:96 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

穂塚ミカ氏の1/5付け投稿作品 「【歌詞募集】【初音ミクオリジナル】」[http://piapro.jp/content/yqd2sh8gcgsxu5fi]よりインスパイアされて書いた歌詞です。

・ピアノの旋律とギターやベースなどの所謂バンドサウンド的な面が合わさり楽曲に気持ちの振れる躍動感と切なさを同居した今回の楽曲には、焦燥感を持つ片思いの女の子が主役のド直球恋愛歌詞を書いてみました。
・テーマは学園片思いで、シーン毎に情景が垣間見れるような歌詞を目指しました。
・キーワードはやはりタイトルにもなっている傘(アンブレラ)。傘から始まる片思い。しかし、経緯の説明を抑えることで、現在の二人の関係だけを目まぐるしくみせるようにしました。
・相手の事をキミと呼んでるのは、実は片思いの相手は年下~同学年というのが考えられるようにしてます。大体こんな背景だと相手は年上の先輩みたいなカンジになりがちですが、それだと恋愛感情と憧れが混ざってブレてるようなので変更しました。
・タイトルはほとんどそのままテーマとキーワードの合わせ技みたいなモノです。漢字と英語混在のタイトルは何かそそるものがありますね(なんとなく中二厨的な雰囲気になって主役のメンバー的に丁度いいんじゃないと思った次第です)。

※前のバージョンに読み仮名を置いておきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風が吹き抜けてく 駅までの高架下
壁には名無しの 相合傘が

私とキミの名前指でなぞったの

袖口をつかんでキミに伝えたい
一言「好き。」という言葉が出てこない
うつむくままの私に勇気ください
キミの気持ちに触れたい

あの時の事は キミは覚えているかな
「ちょっとのお節介」と照れ隠し顔で

あの時の傘は まだ返せないままで

腕を組んでキミと二人歩いてみたい
口に出してしまえば済む話しなのに
何かが邪魔をするかのようにただ
話せなくて口をつぐむ

放課後 夕焼け 伸びる影法師二つ
ちょっとの距離が縮まらないまま歩いて
ふと雫がポツリこぼれたのを
キミの差し出したハンカチで知った

もう止まらない気持ちがあふれていく
キミはただ真剣な瞳で見つめたまま
すべてをさらけ出したらキミは
そっと私を抱きしめてくれた

おはこんにばんは。
こんな味気ない自分のプロフィールを覗いていただき、ありがとうございます。
パソコン使い始めて何年目、勢いでリン・レンを買ったはいいが操作諸々が分からなくて涙目のPhi-LIONと申します。
名前の意味合い的には『哲学的なライオン』という多少(?)不釣り合いな名義を使用してます(検索してみると外国の別人がヒットする不思議)。

先記にも話した通り、リン・レンを買ったんですがやり方がワケワカメ。
そもそもDTMの知識も重箱の隅突く程度しかないという…。
そんな自分でも優しく包んでくれるピアプロが大好きです(キモッ)。
…なんてボケはこの辺にして、そういった自分でも何とかVOCALOID音楽に関われないかと模索して、今現在は歌詞制作を中心にこちらで活動しております。
後々は自分で作詞作曲して作品を手掛けていきたいなとは企てているんですが・・・

一応、歌詞としては曲のイメージを中心に構えつつも、恋愛から自由や未来を語る詩や日常ほのぼの路線とか色々書けると思います。
時には風刺的に過激にダークに攻めさせてもらう時もありますがね…ヘッヘッヘッ(何キャラだ!?)

とりあえず、音楽カテゴリで歌詞を募集している方々はほぼ100%ブクマして歌詞提供を企てたりしたいんで、そこんとこよろしくお願いします。
ちなみにVOCALOID関連以外でも趣味で詩を量産しているので、興味のある方はこちらまでご覧ください(最近少し放置気味で申し訳わけないんですが…)。

[P.H.S.EACH-Electro ACt Home-](Phi-LION SIDEへどうぞ)
http://id23.fm-p.jp/14/philion/index.php?
[PENCIL-HB](blogです。あんまピアプロ関係ないですが)
http://hayato96.blog44.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP