ルイナスカレント

投稿日:2021/10/15 22:27:04 | 文字数:503文字 | 閲覧数:26 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

東北ずん子オリジナル曲
「ルイナスカレント」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あの日眺めた水平線のパノラマ
セピアの砂浜に色を重ねて
白い波掬って
澄んだ青空に翳して
零れていくこの波音は聞こえますか?

打ち寄せる渚であなたと手を重ねた
さざ波が撫でる度に感情が攫われていく
二人の足跡は流されて消えるから
この指が解けないように握り締めてた

茜色の海で今もあなたを待ち続けてるの
交わした約束はもう掠れて読めないけど
また見つめ合ったら変わらずに笑ってくれるのでしょう?
夕陽がカクテルグラスに落ちて行く



白い砂浜切り取ったパラソル
御空色の影が傾いていく
波間に光る星にちっぽけな願いを乗せて
海鳥の囀る声が聞こえますか?

並べたカクテルの瑠璃色に溶かされた
最果てを泳いで行く舟の行き先を知らないの
吹き抜けていく風が夕闇へ誘うから
消えていく陽炎を追いかけたのに

遠い海のどこかでゆっくりと朽ち果てていく
記憶の中であなたはあの日のまま
「もし謝れたなら」そんな後悔に流されて
群青の静寂に溺れてる

いつかこの花火を二人で眺めるのを夢見てた
あの時に願った星は今は見えないけど
遠ざかるあなたはこの満月より輝くのでしょう
「行かないで」と呟いた泡が浮かんで行く

Lily・CUL・東北ずん子で電子音楽っぽいものを作ってます。


ブログ「Shibosystem」もどうぞ↓
http://shibosystem.blog39.fc2.com/

ツイッターもどうぞ↓
http://twitter.com/Shibosym

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/16

もっと見る

▲TOP