Labyrinth in the world エピローグ

投稿日:2010/09/14 22:45:29 | 文字数:1,365文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:小説

ライセンス:

かーーー。グダグダだよ。もう最悪だ。

言い訳させてもらえるなら、これでも5つ以上のストーリーを考えて書き直してきたんだ。不思議な世界に迷い込んだ感じにしたかったのに……。

分ける必要性も、あまりなかったかも。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 気が付くと俺は三つの扉のある部屋にいた。目の前には緑色の扉。俺は緑色の扉のノブをしっかり握って立っていた。握っていたノブを回そうとしてみたが、まるで動く気配はない。
「夢を見ていたのか……」
 俺は先程までライブホールにいたはず。ホールから出ようと、扉に手をかけて……。

 リーーン。リーーン。

 ふいに聞こえた鈴の音色に俺は周囲を見回した。しかし、薄暗い部屋の中ではどこから聞こえてくるのかはっきりとしなかった。

(ん? 何だこれ……)

 足元を見回していた俺はジーンズにくっついていた緑色の糸に気が付いた。
(糸屑……じゃないな。だとするとこれは……)
 よくよく見るとそれは糸屑ではなく、不思議な光沢を放つ一本の髪であった。
(まさかこれは……)

「ミク……」
 
 俺は急いで時間を確認した。ライブ開始まで、もうそれほど時間が無い。急いでライブ会場に向かわないと。俺は鉄の扉を開け全力で駆け出した。久しぶりに聞く蝉の声がやけにうるさく青空に響いていた。


 ライブ開場に到着すると、既に辺りは人でごった返していた。先頭は既に会場内へと入り始めているようで、まさにギリギリ間に合ったという感じだ。
「俺も急がないと」
 俺は持っていたチケットに書かれている整理券番号の通りに列に加わり、会場への入場を待った。

 ホール内に入ると既に前方は人で埋まっており、俺は仕方なく真ん中辺りに陣取ることにした。皆、ライブ開始を今か今と待ち望んでいるようで、騒然とした空気が辺りには充満している。まさに爆発寸前であろうか。
 俺にしても楽しみしていたミクのライブ、気持ちが逸るけれど今はそれだけではない。もう一つ気掛かりなことがあった。
(あの夢は現実だったのかどうか……。いや疑いようの無い証拠がここにある)
 俺は携帯に結び付けていた緑色に光る髪の毛を見つめた。
 ミクのツインテールは無くなってしまった。いずれ元に戻るとは思うが、今回のライブには間に合わないだろう。おそらくライブを企画した人間すら知らないこの事実。参加者である皆に余計な混乱を起こさないように、俺が極力フォローしなければ。
 
 などと考えているうちに徐々に光が落ち始めた。いよいよ始まるのだ。待ちに待った瞬間がやってくる。
 
 正面中央にスポットライトが当てられる。そしてゆっくりとミクが姿を現した。

 やはり……。ミクの髪はツインテールではなくショートカット。格好がいつもの格好なだけに違和感が漂う。
 周囲の状況も盛り上がると言うよりは、ざわついている感じだ。俺はここぞとばかりに叫ぼうと力を入れた。その瞬間、携帯に付けていたミクの髪の毛が解け、ステージに立つミクへと強烈に引き寄せられた。

 髪の毛はまるで意思を持ったかのように、光の軌跡を残しながらミクの下へと辿り着く。そして髪の毛とミクが触れ合ったその時、ミクが光に包まれた。

「ありがとう!」

 光の中から現れたミクは、ツインテールを揺らしながらニコリと微笑んだ。

「フッ。どこまで計算されてたんだか……」
 悪戯っぽく笑うミクに、俺も苦笑するしかなかった。
 会場は今の演出にヒートアップ。割れんばかりの歓声に沸いている。

 最高の舞台はまだ始まったばかりだった。

活動停止中。

もうダメ。疲れてしまった。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP