hide-rossa 歌詞

投稿日:2020/10/19 23:27:50 | 文字数:552文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

結ばれた2人
幸せは刹那に消えた
熱を奪うだけの私
むなしくなるの
所詮バケモノなんだと

苦い憂い味の
孤独を啜って
フラフラと流浪
いっそ
腐乱シタイ

染められた唇から零れ落ちて
また世界は痛みを失くしてしまった
見つめないで
喉が乾くのです
愛憎はrossoなカラー

肌の下に隠す
熱を持つ赤黒い感情を
恋と呼ぶにはおぞましい
信じてくれたぶんだけ
裏切ってきた

温いぬるい浴槽
孤独が浮かんでいる
ひとつひろいあげて
そっと口づけて、幾星霜。

悲しみには終わりがないから
瞳が光を集めてしまうのだ
起こさないで
消えたくないのです

染みついた窓の汚れ
歪なドット模様のそれは
色さえわからなくなった
その向こうで誰かの声がする
大層、皮肉なサンライト

今日くらいは
汗の一滴さえも
残さないと
首筋をなぞる

消えたくない、生きたくもない
射し込む陽光を見ないまま
あなたと抱きあいたかった
笑わないで


染められた唇から零れ落ちて
また世界は痛みを失くしてしまった
見つめないで
喉が乾くのです

溢れ出たハイドロッサは
もう二度と止まることはない
誰かが悲しむこともない
奪い去って
消えてしまう前に
最後はあなたから

奪い去って
罪の一滴さえも
奪い去って
終わらせて

も・・・・もひもひっ!ボカロPれふっ!

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • hide-rossa (off vocal)

    by 千石ナタデコ子さん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP