忘れるくらいでいて

投稿日:2020/08/24 04:41:43 | 文字数:468文字 | 閲覧数:104 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

波際を見ていた 夏の終わり
夕暮れの匂いがまだあの日のふたり

前髪を揺らす潮風とはしゃぐ君を見た 後ろ姿
僕らならどこへでも行けるはずさ
光る星を指で繋いで笑う

もう一度繋いだ 風薫るあの夏で
僕は未だ昨日に描いている
ねえ今夜きれいに星が見える夜だけど
君もどこかで見ているのかな

きっと忘れるくらいでいて

ただ大人になった 僕はひとり
茫然と過ぎ行く日々で
面倒な本音をしまって
満員電車に揺られていた

朝焼け 空蝉 影法師
君と抜け出した 夏の隙間
あの夜に見た世界のすべてを
今も忘れられないでいた

ねえきっといつか君とすれ違ったら
君は気付かなくてもいい
ただそうやって次第に僕ら変わっていたとしても
いつだって幸せを願うよ

これからどこへ行こうと
確かな今を見ていて
ふっとまた君に会えますように
あの日あの夜を超えた
言葉を捨てて笑った
きっと消えたりしないさ

もう一度繋いだ 風薫るあの夏で
君は覚えているのかな
ねえ今夜きれいに星が見える夜だけど
君もどこかで見ているのかな

きっと忘れるくらいでいて

よろしくお願いします

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP