楽曲募集、タイトル未定

投稿日:2020/12/04 00:10:30 | 文字数:675文字 | 閲覧数:1,373 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自分の実話を元に作りました。
多くの他の人が中高でしてきたであろう恋愛を、大学生になってやっと掴むことが出来た…そんな感じの歌詞です。
もっとイメージが知りたい方はメッセージ等でお答え致しますので、何卒、この歌詞いいなと思いましたら楽曲の提供をよろしくお願い致します。
また、イラストも募集しております。
重ねてよろしくお願い致します。


※ピアプロ初心者の為何かと至らない点があるかもしれません。ご了承ください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「タイトル未定」

[イントロ]
始めまして 僕の青春
少し遅めな恋の話
[1番Aパート]
恋愛軽視する 人 人
付き合ったってすぐ別れ てるじゃん
「好きな人作らないの?」って言われても
作るもんじゃないし 怖くて出来ないし
気付くと大人になっていた
お酒だって飲めるようになった
あれ?恋ってなんだっけ?
忘れた頃に君 が告げた
[1番サビBパート]
不器用な告白 照れながら
人気のない場所でそっと告げたんだ
「私と付き合いませんか」
初めてのこの感覚 頭が真っ白になった
ひたすら頭に浮かぶのは
「なんで僕なんだ?」
[2番Aパート]
今まで僕は笑い のネタ ネタ
いいとこだって全然 ないじゃん
変なあだ名で呼ばれ 続けていても
笑ってればいいし 対立したくないし
気付くと自信が無くなっていた
愛想笑いが上手くなっていた
あれ?これは夢なのかな?
分からないまま僕 は告げた
[2番サビBパート]
不器用な告白 俯きながら
海を横目にそっと告げたんだ
「僕はこんな奴だから…」
初めてのこの感覚 心が押しつぶされそう
ひたすら頭に浮かぶのは
幻滅した君の顔
[Cパート]
けれど君は笑って言った
「そんなことないよ」
「たとえキミが“こんな”でも」
「全部ひっくるめて好きなんだよ」
[3番サビBパート]
不器用な告白 泣きながら
君を見つめて告げたんだ
「僕と付き合いませんか」
初めてのこの感覚 頬がピンクに染まった
ただ海面に浮かぶのは
ライトアップした
レインボーブリッジ

[アウトロ]
始めまして 僕らの青春
少し遅めな恋の話

歌詞書くのは好きだけど曲が作れないマンです………。あと、イラスト描くのも好きだけどそんなに上手くもないです………。
皆さんの力を借りて1作品作れたらいいなって思ってます。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP