(non title)

投稿日:2012/03/02 19:25:49 | 文字数:350文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:


お久しぶりです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


二人して笑いながら
青い空を見上げた
雲が 風が 雨が
流れて行った

二人して笑いながら
青い空に叫んだ
心が 声が 涙が
流れて行った

いつの間にか
見逃したタイミングと
置いてった思い出と
明日の僕の光が少し
頭を過ぎ去った

僕が側にいることで
少しでも君が救われるなら
ありふれた言葉を
隣で歌うよ

僕が側にいることで
少しでも君が救われるなら
ありふれた言葉を
空から歌うよ

君といられない世界は
僕はいらないのさ。
君が笑わない世界に
僕は背を向けるのさ。
嫌なこと全てを
なかったことにしたら
よかったかな。

でも

僕が側にいることで
少しでも君が救われるなら
ありふれた言葉を
隣で歌うよ

僕が側にいることで
少しでも君が救われるなら
ありふれた言葉を
空から歌うよ

――僕が何者なのか。その答えは きっと誰も知らない。――


世界は美しくて、残酷で、何もない場所。


誰か息の仕方を教えて。


滅 多 に 来 れ ま せ ん 。

素敵なアイコンはonokkoさんの作品です。(・・*)




もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP