ひまわり畑でつかまえて

投稿日:2017/12/24 19:06:51 | 文字数:548文字 | 閲覧数:374 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

歯が欠けたジョンが言うには
あれもこれも杞憂らしい
おべんちゃらなんだコイツは
おまけにダサいし

かぶりを振るんだ僕はね
できるだけ そういじらしく
先生もインチキ野郎でね
反吐が出そうだ

この街を出ようか
もう二度と帰りたくもないや

「さよなら、きっと二十年は会えないって覚えていて」
ふたつくくりの愛しの君に言う
その時の君の顔は五十年は覚えている
「本当に行くの?」本当だから困ってる

初恋のジェシカが言うには
僕はちょっと気違いらしい
とてもシャンなんだコイツは
性格悪いけど

まだ時間があったからさ
酒を飲みにバーに来たね
煙草も金も底をついて
「くそ」って言うんだ

この街を出るんだ
君は言う「ついて行ってもいい?」って

「だめだよ、だって週末にはピアノの発表会だろ?」って
振り返らずに愛しの君に言う
その時の君の顔は五十年間分からないや
「もう知らないから」それしか言わないんだ

それは急だった バーで飲んだあと
なんだかわびしくなっちまって
視界がボヤけて倒れた
ああ、もう死んじゃうのかな

「ひまわり畑でも行ってそんでずっと暇してたいな」
君は怒ったね それはもうカンカンに
その時の僕ときたら涙が止まらなくなって
「行けないくせに」君はそれを知ってるんだな

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP