ハチスは夏に背を向けて

投稿日:2015/11/08 18:56:35 | 文字数:557文字 | 閲覧数:1,052 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

幻だったプールサイド 白い恋をした夏のこと
すり抜けた春に手を振って 花が咲いた

「さようなら」なんて言えなくて
ぬるい夏をまた迎えている
白昼、ただぶら下がって
鉄のような 青が刺さる

四月の霧は青すぎて
スカートが揺れて 霞んでる
横目で見てた君の顔
思い出しそうだ

きっと愛なんて
どうしようもないくらい瑣末だよ
「夏に背を向けて咲くんだ」と
君なんてもう嫌いだよ 嫌いだから
「バイバイ」
それじゃ、お元気で

「無条件に愛されたいわ」
鼓膜まで響いた銃声
屋上、時刻15:08
たった今 春が死んだ
最期の朝に触らせて
白い肌に その瞳に
汚れてしまった愛を着てる制服の少女

ずっと相対な春と夏の間で
アンチテーゼを提示する花
君なんてもう嫌いだよ 嫌いだけど
最後、何を言ったらいい?

愛だとか恋だとかどうでもいいくらい好きになれたさ
花のように真っ直ぐに生きられたらさ
楽だな

ハチスは夏に背を向けたまま枯れたよ
命は美しく儚く
だからきっと大丈夫生きていける

「どうかしてるよ全部」

愛なんて
どうしようもないくらい瑣末だよ
「夏に背を向けて咲くんだ」と
だから君なんてもう嫌いだよ 嫌いだから
「バイバイ」
それじゃ、お元気で

「最後、ひとつだけいい?」

「最低な人生でした」

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP