ほほほさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

フォローする(登録無料)

乱反射

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ふたり同じビジョンなんて
なかったの それでもよかった
大好きだった

光と雨の洪水
去年のあの日を思い出す
でも君は

雨の中打ちあがる花火
どこか暴力的で
終焉を迎えるまで
存在証明のよう
輝いていた

夏と香水の香り
幸せそうなカップルたち
鼻緒も切れて
追いかけることもかなわず
君はどこかへと消えていったんだ

花火が頬の水滴
ひとつでも照らしていたら
その肩もたれ
優しく頬を撫でて
そして・・・わたしはどうしたかったんだろう

一体何ができたんだろう
もう終わってた 恋に
あの日撮った写真も
思い出になってしまう
捨てちゃおうかな

そのフォルダには「最後のデート」なんて
名前すらつけてあげられなくって
甘美で幸せなら 幾らでも呼んであげられたのに

今年も夏がきて 花火は上がって
でも近くで見る勇気がないよ
まだ傷つくことが
できるほど強くないから

花火の音 聞こえてくる
今年も幾千の幸せが
打ちあがっていくのだろう
君の夢を見たよ あの日と同じ
(君はどこかへと消えていったんだ)


----ひらがな----

ふたりおなじびじょんなんて
なかったの それでもよかった
だいすきだった

ひかりとあめのこうずい
きょねんのあのひをおもいだす
でもきみは

あめのなかうちあがるは
なび
どこかぼうりょくてきで
しゅうえんをむかえるまで
そんざいしょうめいのよう
かがやいていた

なつとこうすいのかおり
しあわせそうなかっぷるたち
はなおもきれて
おいかけることもかなわず
きみはどこかへときえていったんだ


はなびがほおのすいてき
ひとつでもてらしていたら
そのかたもたれ
やさしくほおをなでて
そして、わたしは… どうしたかったんだろう 

いったいなにができたんだろう
もうおわってた こいに
あのひとったしゃしんも
おもいでになってしまう
すてちゃおうかな

そのフォルダには「さいごの
デート」なんてなまえすら
つけてあげられなくって
かんびでしあわせなら
いくらでもよんであげられたのに

ことしもなつはきてはなびはあがって
でもちかくでみるゆうきがないよ
まだきずつくこ
とが
できるほどつよくないから

はなびのおときこえてくる
ことしもいくせんのしあわせが
うちあがっていくのだろう
きみのゆめをみた あのひとおなじ
(きみはどこかへときえていったんだ)

自分の体験のようでそうでない悲しみ。()のほうはもうきこえないです。

ライセンス:

投稿日時:2017/09/01 16:25:45

閲覧数:75

カテゴリ:歌詞[編集]

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    遅くなってしまいましたが、歌わせてみました。ご意見ご感想などございましたら何なりと。

    2017/09/06 21:36:30 From  photaena

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ありがとうございます!!
    素敵な曲に歌詞を載せていただけて幸せです!
    またよろしくお願いします。

    2017/09/06 22:32:39 ほほほ

ブクマ
この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
    • 【絵師様募集中】乱反射【動画師様募集中】

      by photaenaさん

    ▲TOP