夏服のエンジェル

投稿日:2015/06/08 03:39:49 | 文字数:318文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

同タイトル曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

曇りつづく モノトーン
慣れた目に飛び込む
赤いリボン 深い紺の
襟はためく姿

提げた鞄に手を添えた
その顔 物憂げで
かける言葉 小雨のように
消えてく

それは涙 それは笑顔
輝くほど 心を惑わす
季節(とき)の中で 煌きのように
たちまち燃え
儚く消える蝶

やおら戻る 日差しの中
目を上げたなら
きみは確かに 夏服のエンジェル


けして掴めない イメージ
可視と不可視、微熱の虚空間
きみさえ よければ
ともに行こう 蠱惑のラビリンスへ

それは涙 それは笑顔
内に秘めた 神秘と激情
季節(とき)の中で 煌きのように
たちまち燃え
儚く消える蝶

照らす太陽 からだ浴びて
ふと振り返れば
きみは確かに 夏服のエンジェル

オリジナル曲の作成を、サークル「遊楽団」の活動として続けてます。インスト曲中心でしたが、ミクから本格的にボーカル曲を作り始めました。
よろしくお願いします!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP