墓標の森の魔女

投稿日:2011/11/03 23:55:55 | 文字数:402文字 | 閲覧数:160 | カテゴリ:その他

ライセンス:

以前投稿させていただいた「エレンフリートの魔女」のお話(?)です。本物の魔女だったのは娘の方で、母親は娘と間違われて殺されたというお話ですが、村人たちにとってはどちらが本物の魔女だったかなんて関係なかったのかもしれません。なんつって。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遠い風から聞いたのは 魔女が死んだという噂
森の住家を襲われて 骨も残さず燃やされた

「不思議な技を」「炎を起こした」「魔女の所行だ」

邪悪な魔女は消え去った 村に平和が訪れた
憎き魔女はもう死んだ 焼かれた森は戻らない


魔女の娘は小さな子 金色の髪のかわいい娘
「どうせ魔法も使えない」 誰にも知られず逃げ去った

死に際、魔女はあざけった 人とはかくも愚かしい
「私を殺す愚かもの 魔女の呪いは終わらない」



夏至祭の日に会ったのは 金色の髪の小さな子
街から離れていくように 黒い稜線を眺めてる

ここからどこへ行くのかと 尋ねた声に振り向いて
「あなたも早く広場の方へ 花火の時間が始まるわ」


「魔女の炎は黒いのよ」 どこかで聞いたおとぎ話
街を殺した花火の色は 黒色だったと誰かが言った


街から消えた一人の娘 今は所在もわからない
遠い風から聞いたのは 村が燃えたという噂

カイト兄さんとルカ姉さんを全力で溺愛しております。

絵心も作曲の才能も皆無なので、できれば歌詞中心でやっていきたいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • グラープヴァルドの魔女

    by けしごむさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP