memoria

投稿日:2018/04/19 20:50:32 | 文字数:193文字 | 閲覧数:147 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

作成中の歌詞のメモです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

瞳閉じて 想い綴るから

アスファルトが蕩ける 陽炎立つ路地で
サイダーを飲み干す 君の顔に見とれる

夏色の空の下 影が二つ並ぶ
君と視線が重なり 掛ける言葉が消え去る

何気ない ひと時から
思い出に 移り行く

通り雨が駆ける 電車通りの奥で
そっと傘を閉じてく 君の視線が気になる

何気ない ひと時から
思い出に 移り行く

時を止めて 景色留めるから
瞳閉じて 想い綴るから

のんびりマイペースに曲を作ってます。

アイコンは瑞葉田さん(@miduyouta)に描いていただきました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • memoria(仮)

    by watercolourさん

もっと見る

▲TOP