0,5.罪の分割

投稿日:2011/11/28 23:06:11 | 文字数:988文字 | 閲覧数:287 | カテゴリ:小説

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

クロノストーリー×置き去り月夜紗 の小説化です´`

罪の分割が済んだので、次からはいよいよ回収\(・∪・#)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ねぇ、母さん。
私は本当に、愛されてたの?

ねぇ、父さん。
僕は本当に、必要なの?





バシッ

「あなたの好物なのよ!」

また、だ。

母に殴られた少女は、床へ倒れこみながら思った。

普段殴られ慣れてはいるけれど、今日のはヒドかった。

突然母が笑顔でリンゴパイを持って『あなた、大好きよね?』と言った。

少女は1度も食べたことがなかったので、正直に『違うよ?』と答えた。

…ただ、それだけだ。

それだけで、母は突然少女を殴った。

「なんで…なんで…あの子は大好きだったのに…なんで!?」

時々、母はよく分からない発言をする。

まるで、少女たちが本当の子どもでないかのような…。

「母さん!好きなのは僕!僕が大好きなんだよ!」

そしてまた、少女の弟らしき少年が少女を庇う。

だがしかし、今日の母はいつも以上に機嫌が悪かったようだ。

「五月蝿い!だいたい、あの子の髪は緑だったわ!鮮やかな緑よ!?」

バシッ

同じく弟も、床へ倒れこむ。

…2人とも、本当は分かっていた。

自分たちが、母の本当の子どもでないことを。





「ここで待っていてね?」

ある夜、父と母に連れられて、2人は森へ来た。

そして、まるでヘンゼルとグレーテルのように森の中へ置いて行かれたのだ。

「…行こう。」

少年は呟き、少女の手を引いて歩きだす。

正しい道なんて分からない。

けれど、2人は月明かりに照らされた道を歩き続ける。

「私は、」
「僕は、」
「「愛されたい。」」

歩いて歩いて、歩き続けてたどり着いたのは、魔女の家。

ドアを開けて、中に立つ魔女へと近づく。

「あ、あなたたち!」

2人は魔女の声を無視して、ドンッと強く暖炉の中へ突き飛ばした。

「っ!?」

魔女を救おうとした手下も、そのまま暖炉の中へ。

燃え盛る炎を見つめながら、2人は呟く。

「魔女の犯した罪を原罪とし、」
「原罪を7つの大罪へと分け、」
「「この森へ放て。」」

暖炉から、光る小さな粒が飛び散った。

2人はそれを見て、満足そうに微笑みながら家を出た。





「永遠の命を持つ時の魔術師よ、7つの大罪を集めよ。」

森の大木は、時の魔術師へそう告げた。

「退屈しのぎにはなるわね。」

時の魔術師はそう呟き、7つの大罪を探すべく時空を越えた。

inすることないです。
なにかありましたら、ツイッターにてコンタクト下さい。
⇒@xooox_YuA

****************

Welcome(*^_^*)

可愛いイラスト大好物友愛です

IAの可愛さは正義◇キラン

▽製作一覧▽(投稿状況/企画源)

おもいで綴り(ニコうp/ボカロ使いの酒場)
ボカロに感謝してみる(ニコうp/ボカロ使いの酒場)
思い出ボックス(企画中/ボカロ処)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP