友愛@in不可さん

友愛@in不可さん

kk72193

inすることないです。
なにかありましたら、ツイッターにてコンタクト下さい。
⇒@xooox_YuA

****************

Welcome(*^_^*)

可愛いイラスト大好物友愛です

IAの可愛さは正義◇キラン

▽製作一覧▽(投稿状況/企画源)

おもいで綴り(ニコうp/ボカロ使いの酒場)
ボカロに感謝してみる(ニコうp/ボカロ使いの酒場)
思い出ボックス(企画中/ボカロ処)

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(158)

  • 白月
  • ゆにぃ
  • カヅラ(でん)
  • しまぷ
  • 志筑のま
  • ゆらい。
  • ゴマヒチ
  • 鴇色かの
  • あやさき
  • めらのれうか
  • じん
  • yuma

フォロワー(27)

  • 北条院桜
  • 鳩さぶれ
  • aurora
  • 塩木
  • キマシタワーP
  • くまざか
  • HAPPY MONSTER★
  • 星那
  • 澤木淳枝
  • 矢追千波
  • 雪名
  • ハッサン

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

ロスタイムメモリー【自己解釈】

炎天直下坂道の上の、滲んだ僕ら。 夏の温度がまだ残る、あの日はとても、暑かった。 「構わないでよ、どっかヘ行ってくれ!」 ひたすらついてくる君の手を払う。 それでもまた、『行かないよ』って言いながら、君は手を掴んでくれた。 「五月蠅いな!」 それなのに、少し意地になって君をつっぱねて。 君の少し前を、逃げるようにして、歩いた。 ―…本当の心は、どうだったんだろう。 ***** あれから数年が経った。 それでもまだ、君の影は消えなくて。 感情が一方的に積もるばかり。 今日も俺は、膝を抱えて、描いているんだ。 【ロスタイムメモリー:自己解釈】 聡明だねって、いつの日か君に言われたことを思い出す。 その時は何も考えずに無視をしたけれど、今ならきっと、それが何になるんだと言い返せるだろう。 生きる理由がないからと、ただ腐っていく僕。 巻き戻ってくれればいいのにって思いながら、ただただ、腐っていく。 ・・・あれから何年経った?僕はまだ死んでない。 希望論ばかりを唱えて、君がいないという当然の答えに直面する。 「構わない。死ねよ…死ねよ!」 そう叫んで手首を握りしめるのは、僕自身を呪うのは、もう、何度目だったかな。 そのたびにほら、ドアのむこうから、心配そうな母親や妹の気配を感じるんだ。 …結局何もできない僕は、のうのうと、人生をむさぼっていくだけ。 『夏は、夢をみせてくれるんだよ。』 ねぇ、君の言っていたことがもし本当に正しいのなら、君が連れ去られる前に・・・ *** 「あっち?」 「"ご主人さま、早く早く!107ですからね!?"」 耳にしたイヤホンを通して、電子端末の中の住人、エネが俺を急かした。 ったく、何度も言わなくたって、解るっつの。 ドアノブに手をかけ扉を押しあけると、少し照れくさいような、恥ずかしいような思いがあったあの日の空気を、思い出させてくれる。 そしてそれは、俺の脳裏を焦がす。 *** 18歳になった僕は、まだ、待ってた。 カゲボウシが滲む姿を思い出して、炎天下に澄んだ校庭を思い出して、『遊ぼうよ』っていう君の姿がユラユラ揺れる姿を思い出して・・・ 「"ご主人さま。心配なんです。"」 パソコン画面の中の正体不明のAI・エネが、不器用な顔で、暗い部屋の中に浮かび上がっていた。 …隣人なんかには、解るはずもないさ。 今日も不自然でいて、昨日のペースを守って生く。 そうすれば君の温度を忘れない。 もう、ただそれだけでいいんだ。 そうして僕は、静かにベッドに沈んだ。 ・・・叶わない夢だと知った。 それでも願いたいんだから、いっそ、掠れた過去を抱いて生くしかないだろう? 僕は覚めない夢を見るよ。当然のように閉じ籠って。 「"それじゃ…明日も見えないままですよ!?"」 それならそれでいいさ。 つまらない日々を殺してでも、僕は一人を選ぶから。 ―僕は静かに、PCの電源を落とした。 *** 「やめろーーーっ!!!」 -バァン- 自分に銃を向けた黒いコノハから銃をとりあげるため走った俺は、どうやらその弾を浴びたらしい。 「おい、聞…るか?…っい!」 声が、プツンと、消える。 その理由なんて、解りきっていた。 きっと、夏の温度がまだ残る、そんなあの日の夢を見るため―… 目の前に浮かぶ情景は、あの日の自分だった。 苦しくて辛い毎日を終わらせるために、自分の首にハサミを突き付けたあの日。 どうなったかは覚えていないが、気づいたときには確か、どこかに蹲っていたんだ。 いろんなことを思い出す自分の前に誰かが現れ、何かを言った。 何を言われたかは思いだせない。 ただ、次の瞬間。 俺は確かに、"あの頃"に立っていたんだ。 ・・・ほら、また。 目の前の誰かが、目の前の自分に向かって何かを言っている。 少し距離があって聞き取れないが、構わないさ。 ―俺は、走り出した。 *** "あの頃"の教室に、"あの頃"の君が立っていた。 夏めく君の笑顔は、ちっとも変っていなくて。 その笑顔に出会えたことが嬉しくて、手を伸ばした。 それなのにさ、ひどいよ。 「…"死んじゃった。ごめんね"」 ―なんて。 「"サヨウナラしようか。"」 ―なんて。 悲しいこと、言わないでくれよ!!! 「往かないでっ・・・」 必死に手を伸ばした先の彼女は、フワリと、僕の前からいなくなった。 *** 「"死んじゃった。ごめんね"」 ―なんて。 「"サヨウナラしようか。"」 ―なんて。 あの時、"あの頃"の君は、そんな風に優しく笑ってたんだね。 俺は…あの時の自分は、必死過ぎて、気づかなかったよ。 スッと消えたあの時の自分。 君の目の前に立つ今の俺は、あの時の自分に変わって、今度こそ、君に・・・ 「***、***」 そうして俺の言葉に、笑顔に満足したらしい君は、"あの頃"みたいに笑って、俺にマフラーをかけた。 消えてしまう君に向かって、もう俺は、『そんなこと言わないで』なんて、『往かないで』なんて、言わないよ。 俺は、もう、大丈夫・・・

※注意※
「僕」…アヤノが死んだ直後のふさぎこんでいたシンタロー

「俺」…メカクシ団入団後の、元気な?シンタロー

※注意2※
<動画中の「僕」がハサミを振りかざすシーンについて>
…ここでシンタローが死んだわけではないと解釈しました←

<動画中の時計の日時について>
…あれは繰り返しの日時ではなく、19xx年のものと20xx年の物であるという風に、解釈しました←

もっとみる

投稿日時 : 2013/04/02 23:37

最近の投稿作品 (37)

▲TOP