花底に水の束

投稿日:2011/07/06 21:07:50 | 文字数:343文字 | 閲覧数:259 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

群青(あお)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もうなんにも聞こえない、ね。
どうしてだか君を待ってる

そして声を失くすから
ささくれだった雨の夜を
すくって、すくって

突き刺すような馨りはあの日の群青
戻れないの?ああそうさ、戻らないよ
嘗て憶えた名前を繰り返し た
「早くふやけてしまえよ。」

嘘まで吐いて。


もうこんなに遠いんだ、ね。
どうしてだか君を待ってる

いつか声も亡くすから
清く浮かんだ残像を
わらって、わらって

揺蕩うような祈りは消えた体温
泣き人から伝わるの、脆い明日
甘く実った檸檬を君にあげる。
「ずっとこのままいようよ。」

駄々を残して。


突き刺すような馨りはあの日の群青
戻らないの?ああそうだ、そうだったね
嘗て憶えた名前を繰り返し た
「どうかこのままいさせて。」

それは別れの、

かぼちゃを下さい名義で歌詞を書かせていただいている者です。
ご依頼・ご相談などございましたらお気軽にどうぞ。


マイリスト http://www.nicovideo.jp/mylist/21354316
メール tetra_pod_1224×yahoo.co.jp(×→半角アットマーク)

旧作 http://piapro.jp/t/loey

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP