BULLET 歌詞

投稿日:2022/08/20 21:01:15 | 文字数:778文字 | 閲覧数:278 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「BULLET」 / Royal Scandal

ただひとりでは死にきれない、
ひとりの「嘘つき」には、
命[たま]を詰め込んで生きていく場所は、
どこにもない。

楽もない。涙もない。
遊びもない。苦痛もない。
何もない。
ただ従順[したが]う。それだけ。

価値もない。過去もない。
夢もない。希望もない。
何もない。
自分さえもない。
操り人形のできあがり。

もう、どこにもないな。
俺の生き場など。
"邪魔な木偶の坊は、いなくなれ"

Hi-D-D-D.
Make a sacrifice.

"人生なんて、こんなもんだ"

ガラクタな木偶の身体に命[たま]を詰め込んだのは、
妖精[おまえ]のせいだ。なぜ、なぜ、なぜ。
生かしたんだよ。
支配[ささ]えられて操られる生き方しかできない。
不器用な人形[おれ]を見る。
歪に笑う「嘘つきの目」が。

可憐な薔薇を全部引きちぎって、
その本能が叫ぶ。
"Just kill that bitch"

試される良心[ジミニー]。
そしてまた孤独[ひとり]。
あぁ、これが「仮面の裏」だ。

さぁ、どこにもないな。
お前の生き場など。
午前0時の支配者のくせに。

泣きだしたい時に、なぜか笑うしかできない。
醜悪[みにく]い自分が、嫌い、嫌い、嫌い。
そうなんだろ。
支配[ささ]えて必要とされる生き方しかできない。
不器用な妖精[おまえ]には、
よくお似合いの「復讐劇」を。

どんな玩具も命[たま]を詰めれば、名銃[めいき]にしてやるよ。
幕が上がれば、ほら、ほら、ほら。
共犯者だ。
怠惰[だる]い人生の糸を繋ぐ場所を見つけただけ。
恋だ愛だなんてのは、星にでも願えよ。

ひとりでは死にきれない、
ふたりの「嘘つき」が、
不器用に生息[いき]ていく。

共犯者という糸に依存[よりそ]って。

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP