鼓膜

投稿日:2010/12/03 18:15:31 | 文字数:426文字 | 閲覧数:50 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞を書くのは初めて。
これも私の世界の一部です。

切ない中の強さを見つけてもらえたら嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

聞き慣れた硝子越しの声
空気を伝って聞こえる音が
やけに鼓膜を震わすの
張り詰めた糸を裁ち切れば
途端 静寂が訪れる

指先で辿る鏡文字の筆跡
垂れる雫を辿る貴方の指先
けれど互いに触れはしない
重なり合わせたい掌は
いつも 熱を交わさない

記憶に残る貴方の残像が
いつの日も私を捕え離さない
消さないで消したくない
本当はもう思い出せないとしても
消えないで消えないの
私の声が音を成さないとしても

初めて震えた私の世界
それが歌だと教えてくれた
たとえ偽りの世界でも
貴方の声が私の鼓膜を打つ
全て 貴方がくれたもの

記憶に縋る私の弱い心が
いつの日も貴方を捕え離さない
聞かないで聞きたくない
本当は全て気付いていたとしても
聞こえない聞かせないで
いつか来る終わりが今だってことを


言わないで言わせないで
私はもう貴方の為に歌えないことも
言いたくない言わなくちゃ
貴方の声がもう聞こえないことも


私の歌が貴方の世界に融けたことを

好きなものを愛でる日々です
創作イラスト中心に描いています。
HP⇒http://monokuroism0416.web.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP