外へ

投稿日:2019/03/25 16:49:06 | 文字数:333文字 | 閲覧数:4 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

逆行するように時は流れ 発光するように視界は薄れ
錯綜するうちに扉は鎖され 落丁するように意識は外へ

誰を気に留めるでも 誰の眼に留まるでもなく外へ溢れた者共は
その外で なおもさらに外があることを 或いは憐れみ 或いは憤り
或いは思うさま他者を蹴落としその外へ溢れさせるに至った
溢れた者は終わり 終わりから始めることを余儀なくされるが
内に残るは停滞であり 形骸的な正解・不正解にさえ縋れぬ体たらく
明快でない生 幼気な命は 現代生活 天体の諦観 諸連絡を 必然に浴び
背を焼く
彼等の眼にはこれもまた「圏外」と映った

電波を隔てた 部屋に潜んでいた
限界が透けた空間 息を殺した
溶けた神経回路 見えない色 切れた糸を
頼って 辿って 手繰って 伝う 外へ

人間です 普段はTwitterにいます
@S0t4o1n6e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP