エンセイカクレンボ

投稿日:2016/09/01 23:34:26 | 文字数:435文字 | 閲覧数:199 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

人生を厭世的に考えてしまう少年の前に見え隠れする少女。
それを捕まえたら何かわかるのか・・・
小さな部屋なはずなのに捕まえられない。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「エンセイカクレンボ」


白い壁にそらす視線を知らない
鮮やかな色なにも見えないから目をつむった

エンセイテキなそれはとても黒いような
切り取られてく気持ち写真のよう変わらない。つなげて。

戸惑いあせった僕の小さな手
振りほどいた君のことば小さくなる。そして
行先失った心はどこかへ君は知ってた?僕は知らない暗い闇へ
消えていく。

カーテンレースは何も隠してくれない
暑い日差しは何も言わずにわらいかけるんだ。それから
君を想いだすあの日々がそっと心の奥の何かに突き刺さってく

行き場ない心探していた手が
またどこかで君のことを探していた。それは
平然と世界惑わせるように
僕は知ってた?君は知らない深い明日へ
落ちていく


流れた雫は止まらずにそれを
見守ることなどすぐに忘れていく

現実に揺れる儚い瞳に
逃げたくなる。壊れそうな弱い心。つまり
静寂を抱いた小さな部屋には
目を開いて目をつむってまたはじめよう
君とボクの二人きりのかくれんぼを始めよう。

現実とは。

初めまして
歌を歌ったり詩を書いています。
妄想が好きな妄想信者です。ww

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    歌詞拝見させて頂きました。
    作詞のレベルが高く、かなり良いです。

    また、曲をしっかり聞いて下さったんだなと思います。

    参考にさせて頂きます。
    有難うございます。

    2016/08/04 23:21:03 From  藍色にしもん

  • エンセイカクレンボ【 kokone】

    by 藍色にしもんさん

▲TOP