ラブガール

投稿日:2011/07/20 00:18:19 | 文字数:553文字 | 閲覧数:160 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

少しぐちゃぐちゃですが、がんばって作りました

…恋の歌のつもり…

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もう誰も邪魔できないの
この膨らんだ想いだけは
あなたの心に届くまで

雨上がり、次章を待ち
目の前の空き缶蹴飛ばして
「あたしは世界一」なんて呟いてみる
下り坂、考え事
つい野良猫も蹴飛ばした
「おどけてみただけ」なんて強がってみる…

あの日の教室から、頭の中はあなただけ
私を苦しめた責任
ねえ、とってよ

もう誰も邪魔できないの
この膨らんだ想いだけは
あなたが気づいてくれるまで
私の心の奥の奥の
そのまた奥の奥にある
消えることのない灯に気づいて

休日の、午後三時
あなたにメール送信
「いい天気だねー」←って見ればわかるじゃん…
そのあと、午後八時
「確かにそうだね」←たったそれだけなの!?

でもかなり嬉しいの、メールが返ってくるだけで
きっとあなたも同じよね
ねえ、そうでしょ?

錆びた歯車みたいな
地味で華のないあたしに
色をくれたのはあなただから
だから片思いでもいいの
いや、いいわけでもないけど
ゼッタイ振り向かせるから


もう心が限界、小火で済みそうにないよ
だから早くどうにかして
ねえ、お願い

あたしの恋の歴史に
名を連ねたはじめての人
初回限定のあたしがほしくないの!?
もう誰も邪魔できないの
あなただけへのこの想いは
あなただけへのこの想いは

絶対に


作詞頑張る学生ですが何か?
いつか作曲もと、DTMも頑張ってます

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP