銀河録(Lyrics)

投稿日:2016/01/02 21:00:37 | 文字数:488文字 | 閲覧数:3,339 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

銀河録 / はるまきごはん

夜明け前に 街灯が泣いて
冷たい空気さえも 藍色だった

近いようで 遠かったライト
消えちゃう前の 蝋燭を見てるような

ごめんね 最果てだと思った
君と夜明けを待てなかった
電波塔が点滅する

揺らいだふたりの距離も全部
一度零に戻しておいて
白い息になりそうだ 
 
銀河みたいな銀河みたいな
銀河みたいな街だったね
僕らふたりだけの夜明けだった夜明けだったんだ

建前が曖昧なように
完全な覆面なんて無理なんだ 

近づいたら 遠ざかるライト
淡いオレンジ 暗くなって 

泣いてしまう理由を
口を閉ざす理由を
知りたくなるわけは

笑ってくれるような
魔法みたいな言葉
銀河は隠してるからさ 

銀河みたいな銀河みたいな
銀河みたいな君だったよ 
僕は探している夜明け前に見つかるように

水平線 境界に 重なった 輪郭だ
水平線 境界に 重なった 輪郭だ

ライターの温度 忘れてしまうから
彗星を吸い込むのさ
どこにでもあるような話なんだ

銀河みたいな銀河みたいな
銀河みたいな夏だったね
僕ら宇宙の果て手を繋いだ手を繋いだんだ

オケと歌詞おいてます / はるまきごはん

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りします!

    2016/01/06 23:58:32 From  kawataku

もっと見る

▲TOP