愛の礫

投稿日:2019/08/17 19:58:11 | 文字数:615文字 | 閲覧数:54 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
「生まれる」ってまるで自然物みたいだな
人工的に強制的に排出された生命さ
生まれさせられたんだぜこっちは
幸せになる予定もないから精々使いきってくれ
B
誰かがお前の頬を軽く叩いたとして
痛みのほどは誰も測れない
バカだのクズだのゴミだのカスだの
よくもまあ尽きない罵詈雑言
目に見えないものほどやけにリアルだ
S
俺達みんな愛の死に損ないなんだろう
大好きな自己犠牲がそれを物語っている
許せないのはお前自身のせいだろう
わかってるってわざわざ言わなくても

A
「おめでとう」ってやたら他人事めいてるな
反抗的に衝動的に転がり落ちた生命さ
生きなきゃいけないんだぜこっちは
幸せになる気力もないから精々騙しきってくれ
B
誰かがお前のことを好きだと言ったとして
それが嘘だと印す術はない
恋だの夢だの月だの花だの
どこからともなく湧く口説き文句
目に見えないものこそ意味があるのさ
S
俺達みんな愛の死に損ないなんだろう
治らない自傷癖がそれを裏付けている
変わらないのはお前自身の意志だろう
わかってるっていちいち泣かなくても

C
一夜の過ちなんてさあ
響きが良すぎやしないかい
もう酒の味などわかりゃしないな
情けないやら 恥ずかしいやら
今さら舌噛んでも仕方ないやい

S
俺達みんな愛の死に損ないなんだろう
大好きな自己犠牲がそれを物語っている
許せないのはお前自身の性だろう
わかってるってわざわざやらなくても

エブリスタ 小説「愛をうたにして」
http://estar.jp/.pc/work/novel/23388113/
歌詞をまとめてます。

趣味で作詞をやらせていただいております。ナツキと申します。
曲募集は一応しておりますが、どちらかと言うとこちらが詞を提供する、使っていただく、という形になるかと思います。こちらから作曲について何かを指定することはいたしませんが、質問や歌詞の改変などは随時受けつけております。もし使いたいという方がいらっしゃれば、お気軽にお声掛けください。
※「曲募集中」のタグがついている作品に限ります。
※歌詞の提供は無償です。
※作曲希望の方にメッセージをいただいた時点で募集を締め切らせていただいておりますので、できるだけ事前にご連絡くださると嬉しいです。この際、途中で取りやめていただいても大丈夫です。

それでは、よろしくお願いいたします。


2012年3月作詞活動開始
2016年3月ピアプロ登録

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP