ゆきつばき

投稿日:2011/04/13 21:55:03 | 文字数:363文字 | 閲覧数:70 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

花を眺めるのっていいですよね。癒されます。
花に寄ってくる虫さんは苦手だけど!
 
サビ以外を修正。
一番直したい部分が直せませんでしたorz

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

灰色の空に 雪が舞う
音なく静かに 降り積もる
乾いた風が 駆け抜ける
静寂の中に 響く足音

触れる指先 冷たいけれど
微笑む表情(かお)は 陽だまりのよう

高く高く 舞い踊る淡雪
蛍火のような 光の中で
あなたの温もり 感じていた
いつか 消えてしまうと 知りながら・・・


独り 佇む ゆきつばき
声なく秘かに ただじっと
寒空見上げて 泣いている
静寂の中に 消える足音

時追うごとに 色失くしてく
あなたの表情 酷く儚い

どうかどうか 願いが叶うなら
この身が朽ち果て 散ったとしても
あなたを護る 花でありたい
そっと 小さな灯り 燈したい


雪降り止めば 私は眠り
春の日差しが あなたを迎える


届け届け この声どうか
私の命を 繋ぐ淡雪
あなたの為なら 降り止んで
私は あなたを護る ゆきつばき

※現在、諸事情により活動停止に等しい状態です。
 
どこにでもいるKAITO使いです。カバー曲メインで活動しております。

今はまだ曲もイラストも聞専・見専状態ですが、いつかオリジナで手がけてみたいですね。





ニコニコ:http://www.nicovideo.jp/mylist/18178842
 
 


 
 

 
何かあった時の連絡先↓
isk5_2oa3●yahoo.co.jp(●→@)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP