アルタイル

投稿日:2015/05/03 02:06:16 | 文字数:435文字 | 閲覧数:50 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

七夕に雨が降る確率がかなりのものと聞いて書いた歌詞です。
織姫と引き離されて一度は折れてしまった彦星。
対岸で泣き続ける織姫、その涙雨で増水し続ける天の川。
荒れ狂う川の畔で、ついに彦星は心を決め、濁流へと飛び込むのでした……。
そんな歌です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【アルタイル】歌詞


― もう 会えないの? ―


今年もまた銀の雨が降る
僕の心刺すように染みる


荒れ狂う 黒い波 引き裂く流れ
鵲の 羽根だけを 浮かべて


一度は諦めた想い
愛する君の手を放した
許されないと 釣り合わないと
この岸辺で立ち尽くした

逆巻く波 凍てつく水が
君の想い涙ならば
この身捧げ 応えよう ああ



― なぜ 諦めたの? ―

― もう 会えないの? ―




それともこれは思い上がりか?
所詮は許されぬ運命か?


荒れ狂う 重い闇 揺らめく精神
惰弱さを 切り裂いて 飲み込む


一度は諦めた僕に
愛する君がくれた涙
打ち据えてくれ 導いてくれ
もう二度と諦めぬように

逆巻く波 凍てつく水が
君の怒り嘆きならば
この身捧げ 受け取ろう ああ



この激流が君の愛なら
渡る強さで愛を返そう
逆巻く波も凍てつく水も
越えて伸ばした手は放さない

一度は諦めた想い
愛する君の涙を拭う
もう二度と手放しはしない

ねこくまと申します。夫婦で音楽つくってます。
音楽知識0からスタート。ようやく形になってきた……かな?
ニコニコ動画にボーカロイドオリジナル曲を投稿してます。
一年くらいサボってましたが、そろそろ活動再開しますので、過去曲も改めてUPしていきます。
ボカロさんたち増えたので、たくさん曲作りたいです。

アイコンはももっちさんにいただきました!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP